2019年11月1日

台風19号の被害に際して


先般の台風19号によって被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。

台風19号は各地に甚大な被害をもたらし、ここ長野県においても千曲川の堤防決壊による濁流で家屋や建造物が倒壊したり浸水に見舞われるなど、計り知れないほどの被害を受けました。
ちょうど収穫時期を迎えていた信州特産のりんごにも多大な影響を与えました。

被害を被られた方々に謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。


弊社では先月、復旧作業を行う取引先様に対してトラックや高圧洗浄機、シャベル、ジョレンなどを提供させていただいたほか、キャリーダンプやバックホーなどの重機手配のお手伝いをさせていただきました。
甚だ微力ではありますが、少しでもお役に立てれば幸いです。

このほか、個人的に休日を利用して自治体や社会福祉団体などが主催する災害ボランティアに参加している社員が何人かおります。
たとえ一人一人の力は微力だとしても、集結すれば大きな力となり、一人ではとうてい成し得ない大きな変革をもたらすことにつながります。
SDGsの取り組みにも全く同じことが言えるのではないでしょうか…。