2019年10月18日

日本セルプセンター様にて研修会


特定非営利活動法人日本セルプセンター様の木工部会にて研修会を開催させていただきました。

SELP(セルプ)とは、自助自立を意味する英語「SELF HELP」からの造語であり、働く意欲がありながら、障がい等の理由により一般の事業所に就職することが難しい人々のための就労の場のことです。
同センターは、SELPの精神をもつ会員施設が共同事業などをより積極的に行っていくことを推進する特定非営利活動法人(NPO法人)です。

研修会では、当社の事業概要、販売する製品の原価計算の方法、木竹製品の市場動向などについてお話しさせていただきました。
参加者の方はメモを取りながら非常に熱心に聞かれていて、当社にとっても有意義な研修会でした。


2019年10月16日

取材を受けました((株)熊本日日新聞社様)


(株)熊本日日新聞社様より、弊社のSDGsの取組に関する取材を受けました。

同社は今夏から「熊本発SDGs」と題して、熊本県の課題や将来像をSDGsの視点で探る連載をされており、その一環として企業におけるSDGsの取組動向を調査する中で、長野県が創設した「長野県SDGs推進企業登録制度」に目を向けられたそうです。

記事になりましたら追加します。

取材中の一コマ
掲載された紙面(2019年11月17日)※発行後にアップ

2019年10月6日

第9回 木育フェスティバル in 信州しおじり


第9回 木育フェスティバル in 信州しおじり」に協力参加いたしました。

このイベントは、木育フェスティバル実行委員会(塩尻商工会議所内)が主催し、塩尻市塩尻青年会議所塩尻市森林公社木曽漆器工業協同組合塩尻・木曽地域地場産業振興センター松本広域森林組合などが共催する年に一度の木育の一大イベントです。

当社も毎回協力会社として参加しており、いくつかの出展者の方々をお手伝いさせていただきました。
お子様、お孫様連れで来場される方も多く、会場は終始にぎわいを見せていました。
幼少期から自然や木に触れる機会を多く持つことは、とても大事だと改めて感じました。


2019年10月4日

ポスター掲示


社内のクロスを一部貼り替えました。
これにあわせてSDGsのポスターを掲示しました。
お客様の目にも触れる場所に掲示し、社員への啓発と同時に、社外に対しても取り組みをPRしてまいります。