酒井産業 × SDGs

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、「誰一人取り残さない」という理念のもと、貧困や格差をなくし、持続可能な社会を実現するために2030年までに世界が取り組む行動計画です。

「貧困」「気候変動」など17分野からなり、「現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる」「妊産婦の死亡率を出生10万人あたり70人未満に削減する」「小売り、消費段階での食料の廃棄を半減させる」といった169の具体的目標が盛り込まれています。途上国だけでなく先進国も含めた全ての国連加盟国が達成すべき目標として、2015年の国連総会で全会一致で採択されました。
国際連合広報センター:2030アジェンダ


このような背景から酒井産業のこれまでの企業活動を振り返ってみたところ、SDGsの理念と共通する部分が多くあることに気づきました。
今後は当社の企業活動をSDGsの観点で継続的に見直していくこととし、世界を変えるための17の目標の実現に向けて微力ながら努力を続けてまいります。

コミットメント